前のページへ 次のページへ
全ページを順番に回ります
巡回ボタン
本文へジャンプ
 2013年7月29日

タニタ食堂


話題となったレシピ本の「丸の内タニタ食堂」へ、行って参りました。この食堂は、オープン当初よりマスコミにも登場し、 連日たくさんのお客様であふれている様子が報道されています。

元々、タニタの社員食堂で提供されてきたランチメニューを、レシピ本で出したところ多くの反響で、ついに第3弾が出版されるとのこと。 食育関係、医療関係からも関心が高まっていました。

この食堂は、2012年1月に丸の内にオープン。タニタの社員食堂のコンセプトを忠実に再現し、メニュー内容は、500kcal前後、塩分3g前後。 野菜たっぷり、食べごたえのある栄養バランスのとれたランチが2種ありました。

お店の前には、11:30なのに長い列が出来ています。 ランチの予約券をとって戴いた友人と待ち合わせして、私達もメニューを選びました。



日替りメニューは、タニタの本社で提供されているものと同じもの。週替りは、丸の内タニタ食堂のオリジナルです。私が選んだものは、週替りの 「蓮根と鶏ひき肉のピリ辛炒め」です。 野菜が大きく切ってあり、噛みごたえのある硬さです。だしのうまみで、野菜の味がよく感じられます。 これだけ食べて500kcakとは、びっくりでした。

食堂の中には、プロフェッショナル仕様の体脂肪計を備えた、ガラス張りのカウンセリングルームもあり、管理栄養士からの、計測結果と食事のアドバイスが受けられるようになっています。

大人の遠足に、東京駅見学にいらしたときに、もう一カ所、立ち寄ってみませんか?

改めて「食」の力を見直しました。

ページトップへ