前のページへ 次のページへ
全ページを順番に回ります
巡回ボタン
本文へジャンプ
 2013年2月17日

葛飾区一店一品新商品「お肉屋さんのお惣菜」


今年で第4回目となる一店一品商品開発支援事業で、今回は「お肉屋さんのお惣菜」をテーマにテクノプラザにて開催されました。

今回は、7つの新商品が認定され、会場のロビー前にはオープンを待ちきれないほどのたくさんの区民の方が列をつくっていました。北風の冷たいなか、その列は入り口の外にも連なり、オープン時間を早めてスタートしたほどです。

各商店限定50個の一品は瞬く間に売れていき、他に用意していたお勧めの商品も皆さんの興味を引いて買われていました。地元、新小岩からは、「和牛 山越」さんと「肉の石毛 飯田商店」さんが、出品されています。

また、会場の一角には、東京聖栄大学と保健所の協働による食育に関するパネル展示や体験コーナーがありました。普段私たちが食べている肉の部位をパズルのようにあてていくもので、子どもから大人まで、楽しみながら学ぶことができるようになっていました。 ちなみに、鳥のささ身は、胸肉の中にあるのだそうです。知りませんでしたね。。。

さらに、葛飾総合高校の生徒さんたちによる飲み物のおもてなしがあり、買った商品をその場で食べられるお休み処も設けられていました。

なお、当日の来場者数は、なんと1200名。美味しいものは大きな力になっていきます!!

ページトップへ