前のページへ 次のページへ
全ページを順番に回ります
巡回ボタン
本文へジャンプ
 2010年7月20日

中川緑道公園左岸テラス完成式出席(西新小岩五丁目)


写真:区長を中心にテープカット
区長を中心にテープカット

 東京都江東治水事務所が、中川護岸の耐震補強工事にあわせて行っている「中川テラス」のうち、中川左岸の上平井橋から平和橋間、幅4m、長さ約700mがこのほど完成した。これを受けて、葛飾区は「中川左岸緑道公園拡張部(中川左岸テラス)」として7月20日に開園した。

 当日の開園式は、午前11時から完成したテラスで行われ、新小岩北地区連合町会(鈴木一喜会長)と西新小岩五丁目町会(赤穂邦美会長)が主催した。

 開会の挨拶は、西新小岩4丁目町会の矢代公明会長。その後、主催者側の2人から挨拶があり、情野正彦街づくり計画担当課長が経過報告をした。次いで、青木克徳葛飾区長と倉沢よう次区議が来賓挨拶をした。

 来賓達によるテープカット(写真)の後、30名余りの参加者が、乾杯をしてテラスの完成を祝った。

 このテラスは、即日開放され、10月31日までは午前6時から午後6時30分まで、平成22年11月1日からは、照明が整備されるまで、午前7時から午後5時まで開放される。照明の整備後は24時間開放される予定。テラスに下りる階段は4箇所設けられ、フェンスもあるが、川に落ちてもテラスに登れるように、階段も設置されている。


城東タイムズ(8月15日付)より
ページトップへ