前のページへ 次のページへ
全ページを順番に回ります
巡回ボタン
本文へジャンプ
 2010年5月3日

第21回新小岩地域ふれあいまつり


写真:各店舗のテントを気さくにまわる山口那津男代表
各店舗のテントを気さくにまわる山口那津男代表

 抜けるような青空の下、ケヤキや桜の若葉がまぶしく輝くこの日、くぼ洋子は、ゴールデンウィークの風物詩ともなった『新小岩地域ふれあいまつり』に行ってきました。

 このお祭り、新小岩南北の各自治町会や各種の団体の皆さんが協力して開催されたもので、演芸コーナーやふれあい運動会のコーナー、ゲートボール大会・模擬店コーナーや木工などさまざまな遊びや露天が出され、家族連れや子ども達のグループなど39,000人が『地域でのふれあい』を楽しんでいました。

 この日は、全国行脚のハードスケジュールの中、公明党の山口なつお代表も会場の新小岩公園に駆け付け、開会式での挨拶、ゲートボールの始球式の後、模擬店の「金魚すくい」に挑戦。あっという間に2匹の金魚をゲットし、3匹目に元気のいい「黒デメキン」を狙いましたが残念ながら失敗。周囲の皆さんから大きな歓声が沸いていました。

 また、模擬店のひとつ「カットフルーツ」のテント内に顔を出した山口代表には、地域の皆さんから「党首討論見たよ!」「私達の声を届けてくれて嬉しかったです!」「頑張ってくださいね!」などの声がかかり、あらためて公明党への期待の大きさを痛感した一日でした。
ページトップへ