前のページへ 次のページへ
全ページを順番に回ります
巡回ボタン
本文へジャンプ
 2008年12月15日

平成21年度予算要望書を区長に提出


青木区長に新年度予算要望書を提出
青木区長に新年度予算要望書を提出

さる12月15日、葛飾区議会公明党(斉藤初夫幹事長)は、青木勇葛飾区長に対し、生活者の視点に立った新年度当初予算の編成を訴える要望書を手渡しました。

この要望書は、@安全・安心のまちづくり、A教育改革の推進、B自然を活かす循環型社会づくり、C格差社会に対応した社会保障の再構築、D次世代支援を充実させ子どもたちが健やかに育つ環境の整備、E活力と魅力ある都市基盤整備の推進、F日本をリードする地域・経済活力の発展、G区民の視点に立った行革推進と区民サービスの向上、の8つの柱からなり、21世紀前半を展望し、人口・世帯の減少、高齢社会の進展などをはじめとしたさまざまな変化に即応し、区民生活に密着した政策を取りまとめたものです。

要望書を受け取った青木区長は「しっかりと検討させていただいた上で、区の施策に反映させていただきます。」と語り、公明党の提言の積極的な実現を約束しました。

ページトップへ