前のページへ 次のページへ
全ページを順番に回ります
巡回ボタン
本文へジャンプ
 2005年 1月16日

ニッポン食育フェア

写真:会場の様子。亀戸大根を手に取って。
大根にまつわる楽しいお話も聴いてきました!(写真は亀戸大根)

いま、子ども達の「食」に関する危機が叫ばれています。

偏った食生活が肥満や糖尿病など生活習慣病(少し前までは「成人病」と言われていました)の原因になることから、今後ますます増加する医療費を抑える意味からも、私達一人一人が食に関する情報を正しく理解し、望ましい食行動を実践する必要があります。

そんな思いから、今回は、東京国際フォーラム(千代田区丸の内)で開かれた『ニッポン食育フェア』に参加してきました。

この『食育フェア』では、「安心・安全を考える食育コーナー」や「家庭の食育コーナー」「学校の食育コーナー」などといった興味深い展示のほか、未来に残したい魅力的な食文化や食材にスポットライトをあてた「大人の食育ワークショップ」なども開催されており、私は、その中の『江戸伝統野菜名勝負〜大根場所』という番組に参加し、「練馬大根」と「亀戸大根」にまつわる楽しいお話を聴いてきました。

また、この番組で初めて、亀戸大根を生産しているのは、じつは葛飾区高砂の農家の方だということを知り、番組が終わってから、この方と直接お話をさせていただく機会にも恵まれました。

ページトップへ