前のページへ 次のページへ
全ページを順番に回ります
巡回ボタン
本文へジャンプ

このサイトについて


誰にもやさしい
ページを目指して


こんな点に配慮

文字を大きく!

「葛飾」の表記について

更新履歴



サイトマップ














ページトップへ 
 

誰にもやさしいページを目指して

ホームページを利用して情報を得る、自らの情報を発信する・・・
また、メールでコミュニケーションをとる など、インターネットの普及により、『誰もが、自由に、瞬時に、』情報のやり取りができる時代となりました。

いまやインターネットを利用している人は、決して、パソコンに詳しい専門家ばかりではありません。そしてまた、若者ばかりとも限りません。世界中のあらゆる環境の人が利用しています。


パソコン初心者や、高齢者の方々も利用しています。
マウスやキーボードを動かすことが困難な人も利用しています。
古いOSやさまざまなブラウザ、小さなモニターで利用している人もいます。

書かれている内容を読むことができない人や、理解することが難しい人も、
内容を話すことが困難な人、言語の異なる国の人も利用しています。

ホームページで音が鳴っていても、
全く聞こえない人、聞こえにくい人も利用しています。

つい、『見るもの』と、とらえられがちなホームページですが、
全く見えない人、見えにくい人、色別の困難な人も利用しています。


現在、バリアフリーや、ユニバーサルデザインへの理解が深まるなか、例えば見ることが困難な方への配慮として、ホームページリーダーなどの『音声ブラウザ』に対応すること、色だけに依存しないこと、文字の大きさを固定しないこと、など・・・『誰にも利用しやすい(アクセシビリティの高い)』ホームページづくりの重要性が求められています。

あらゆる状況の人、どんな環境の人にも、利用しやすいということは、
誰にとっても利用しやすい、ということ。。。

当サイトは、W3C 内の組織、WAI が公開している世界標準とされるガイドライン、WCAG 勧告のチェックポイントを参考に、
『誰にもやさしいページづくり』を目指してまいります。

改善すべき点もあるかと思いますが、皆さまのご意見をお聞きしながら、少しずつ見直していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


制作スタッフ一同


次のページへ >>
「こんな点に配慮しました」

なお、Webアクセシビリティ関連のリンクは、こちらにあります。


ページトップへ